循環式設備のご紹介

宮島ロープウエーでは、循環式と交走式の2種類の方式のロープウエーを連絡し運行する、日本では珍しい方式で営業をしています。

循環式

紅葉谷線紅葉谷(もみじだに)~榧谷(かやたに)
循環式ロープウエーとは自動循環式ロープウエーは、少人数乗りの搬機を所定の間隔で順次出発させるもので、輸送力を一定に保ちながら長い距離を輸送するのに適しています。
循環式ロープウエー写真

紅葉谷線の設備

路線名 紅葉谷線(循環式)
索道の種類 普通索道複線自動循環式
区間 紅葉谷(もみじだに)~榧谷(かやたに)
線路
傾斜長 1102m
最大高低差 288m
支索最急勾配 26°24′
運転速度 2.0m/sec
支柱
種類 鉄骨構造4脚式
基数 5基
最大間隔 337m
最大高さ 337m
支索
種類 ロックドコイルロープC型
直径 40mm
曳索
種類 フィーラー型 B種
直径 20mm
搬機
種類 閉鎖式旅客用(4輪)バランス式キャリヤー付き
自重 550kg
最大乗車人員 8人
車体材質 アルミ

このページの上へ